http://jp.huangheindustry.com
ホーム > 製品情報 > ダイヤモンド工具 > ダイヤモンドワイヤソー > 大理石切削用ダイヤモンドワイヤーソー

大理石切削用ダイヤモンドワイヤーソー

    お支払い方法の種類: L/C,T/T
    Incoterm: FOB,CFR,CIF,CPT
    最小注文数: 100 Meter
    納期: 15 天数
基本情報

モデル: WTM Series

応用: その他

タイプ: その他

Additional Info

包装: 木箱かカートン

生産高: 150000 Beads/Month

ブランド: 黄河の渦巻

輸送方法: Ocean,Land,Air

原産地: 中国

供給能力: 1800000 Beads/Month

認証 : ISO9001,CCC

ポート: Qingdao,Shanghai,Zhengzhou

製品の説明

前書き:

私達はsineredおよび電気めっきされたビードワイヤーを製造します。焼結ワイヤはより良い寿命を提供しますが、電気めっきワイヤは直径を失うことなく優れた切断速度を与えます。 Whirlwind Wireは、ビーズの間にスプリングスペーサーがゴムでコーティングされています。ビーズの直径はすべての仕様で1メートルあたり10.5mm×28ビーズです。

石灰質の石灰岩、ドロマイトの大理石の岩をスラブ化するために設計されています。

  1. WTMA:硬質採石場の大理石用 - 春10.5mm×28個のビーズ。
  2. WTMB:中型から硬質の採石場の大理石用 - 春10.5mm×28ビーズ。
  3. WTMC:ソフトからミディアムの採石場の大理石用 - 春10.5mm×28ビーズ。


会社の概要:

Huanghe Whirlwindは、合成ダイヤモンドの製造、金属粉末の製造、およびダイヤモンド工具の製造という点で「すべてを可能にする」企業を代表します。これらはすべて1つの情報源に含まれています。

Huanghe Whirlwindは、1979年にHuangheグループ、ALMT Osaka Diamond(日本)、研削研削協会、および23の子会社のパートナーシップとして設立され、合成ダイヤモンド、ダイヤモンドおよび金属粉末、ダイヤモンド工具、ブレード、およびダイヤモンドの世界最大のメーカーです。コアビットWhirlwindの施設は、1平方キロメートルの製造スペースをカバーし、500エーカーの屋根の下にある工場で、5000人以上の従業員を雇用しています。 2014年の純売上高は、2億6,800万ドルでした。

当社のエンジニアリング機能により、世界クラスのダイヤモンドツールを使用して信頼性、一貫性、品質に関する優れた経験をお客様に提供することができます。Whirlwindの子会社の1つは、数百の知的財産に対する権利を保有する国家研究開発センターです。私達は私達が作り出す正しいダイヤモンドを正しい用途に合わせます。私たちは優れた結果を保証するために、私たちが製造した金属粉末を使用しています。
これはあなたにとってどんな意味がありますか?

  • 単一の製造元との優れた冶金工学経験
  • 切断技術の理解を深める
  • 適切なダイヤモンドを適切なアプリケーションに合わせる
  • 1つの会社からのより多様な製品であり、製造業者が "Makes It All"であること、
始めから終わりまで、私たちはそれをやり遂げます!

1o



会社の証明書:

9p



ワークショップの発表

zhaopianzong1

人気のある商品:

zhaopianzong2

リマーク:

ご注文の際には、以下の情報が必要です。

1.製品の直径と仕様私達はあなたの指定にカスタム製造することができます。

アーボル穴サイズ。必要に応じてピンホールとアーバーとピンホールの間のCTC。

切断する材料(GP、天然石、石積み、 コンクリート、アスファルト)

4.材料の硬さ(硬い、中程度、または柔らかい)

5.機械のタイプ(平のこぎり、石積みのこぎり、手のこぎり)

乾式切断する。一般的に直角グラインダー、手持ちの 高速hのこぎりは乾いて使用されます。石工のこぎり、床のこぎりは一般に湿った状態で使用されますが、用途によっては乾いた状態で使用されます。

7.スピンドル速度(rpm)

8.モーター力(HPかKW)



製品グループ : ダイヤモンド工具 > ダイヤモンドワイヤソー

この仕入先にメール
  • *タイトル:
  • *メッセージ:
    あなたのメッセージは20から8000文字の間でなければなりません
サプライヤーと通信?サプライヤー
Oliver Mr. Oliver
何か私にできますか?
サプライヤーと連絡する